かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

死人の額に接吻を

2007.10.23 名称未設定_7
↑注:レミゼのマリユスじゃありません。(笑

なんとなく久しい気がします、日記は。ここ最近はあまりネットの方は触らなかったんですよ。
まあ、タイトルは気にしないでください。
それにしてもレミゼ、やっぱ面白すぎる。まだあほなマリユス(←かなり失礼)は出てきてないんですが、テナルディエの悪党ぶりがかなり笑えます。いや笑えるんじゃないや、ここでは悪の帝王なんだから……でも全く恐くない(笑)。ちなみに私はジャヴェール刑事は好きです。あれ、警部だったっけ……まあいいや。
で、タイトルは、マリユスが死んだエポニーヌに対して行なったことではなく……まあ一種の閃きです。
何かしら過去の話を書いておきたいと思い、そして浮かび上がったのがまず最も大変な不老不死の青年さんであり、それとなくタイトルを考えながら浜崎さんの「kiss o'kill」を聴いていると、そーいやこの曲のタイトルって何ていう意味だったっけ? ということになり、いろいろ調べたり考えたり予想したり当てずっぽうで決めてみたりして、結論として今日の日記のタイトルへと至ったというわけです。ちなみに本来の意味は違うと思います。何だろう……まあよくわかんないけど雰囲気はそんな感じ。
わかんないといえば、井上陽水の「ワカンナイ」って曲がすごい好きだったりします。木偶の坊と呼ばれても笑えそうかい~♪ と。確かになんかよくワカンナイ歌です、これ。
あと好きな歌といえば、椎名林檎の某アルバムに入っていた一番最後の曲、確か「葬列」ってタイトルの曲。なんかものすごい深みにはまって抜けられなく曲で、何だろう……ある一行で痛々しい程に孤独を表現している辺りが好きですね。あとパイプオルガンがものすごい好きです、わたくし。ちなみに同アルバム曲の「宗教」も好きです。いかにも、って感じで。――っていうか、タイトルこれであってましたっけ? 何しろ姉のCDだったから家にないんですよね。どうなんでしょう、去年の某一番さん(笑)。

最近風邪をひきました。なんか今では治りかけてる気がしますが。そうしてなぜだかノロウイルスを思い出し、「呪いウイルスみたい」とか何とか言っていたことを思い出しました。ツベルクリンは「滑るくりん」と言っていたりして、生物か何かのテストで出てきて一瞬間違えそうになりました。
何やってるんだろう自分。

いやしかし。
厚顔無恥な人が多いですね、現代では。(←結論
スポンサーサイト
コメント2

光栄ある孤立な英国が素敵すぎる

2007.10.04 名称未設定_7

タイトルは気にせずに。メールフォーム返信です。

感想を頂いたのはすごく久しぶりです。今は更新が完全に止まってるから当然なんですけどね。
それはまあいいとして、感想ありがとうございます。こんな長ったらしい話を読んでくださって、作者としてとても嬉しく思っております。
自分で言うのもあれなんですが、確かにこの話は後で読んでみて綺麗だと思いました。むしろ綺麗すぎたかな、と。内容としては結構暗くて汚い部分なんかもあるけれど、やはり最後が最後だからこう感じるんでしょうか。いやいやそれ以前に樹の性格が性格だからかも。うぅむ(悩)。
と、とにかく感想ありがとうございました。やはりこうして言葉で伝えてくださるととても嬉しいです。
今は更新できませんが、受験が終わったら番外編なんかも書いていくつもりなので、その頃にまだ覚えていらっしゃったらどうぞ好きなだけお読みくださいませ。って言ってもまだ書いてないんですけどね。
ではでは、本当に感想ありがとうございました。よろしければまた覗きにきてやってくださいませ。
コメント0