かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

久々にトルネコ(主にポポロ)とヤンガスやりたい!!

2008.12.31 未分類
大晦日ということで、何か書いておきます。
特に書くことなんてないんですけどね、実際は。
今年は本当に長く感じられました。高校時代が懐かしいです。高校三年の時はあらゆる意味で散々でしたが、二年の頃は本当に楽しかったと今更思ったりしますね。何しろ「Silent world」の絶頂期だったし(笑)、某一番さんにも出会えたし(未だにこの呼び名って……)。ここまで気の合う、というか心を許せる人に会ったのは某一番さんでおそらく二人目なんですよね。大学にはそのような人はいなさそうです。だからこそ懐かしく感じられるんですが。
しかし今年は。幸福もなかなか乗りに乗れず、まだ本来の趣旨すら見えてこない状態でうろついているままで、深く暗い方向へとばかり進んでいく。まあこれを乗り越えられたらきっと素晴らしいものが目の前に降りてくるんだと信じていますが、たったそれだけで気持ちを前に向かせるのは簡単なことじゃなかったですね。ということが分かっただけでも幸福なんだと思わなければならないんですが。何しろタイトルが「幸福について考えてみた」ですし(←関係ない)。
何はともあれ。
トルネコ(主にポポロ)とヤンガスをやりたい。
早くドラクエ9やりたい。
とにかく何かゲームがしたい!
クロノクロスもやりたい。クロノトリガーで意味深なエンディング見たから。リメイクしてほしい。
ポケモン金銀もリメイクしてほしい。四天王倒したい。
やっぱり大学は疲れるなぁ。働いても疲れるんだろうけど。
そういうわけで時間がなく、そして新しいゲームもなく、今年は面白くハマれるゲームをあまり見つけられなかった一年のように思われました。だからこそ延々と飽きずにできるトルネコの異世界がやりたくなるんですよね。全然進めないけど。ランガーさんなんて見たことないですよ。いっつもタップペンギーで挫折するから(笑)。もう嫌いだ、あんなタッパー!
レポートさえなければもっとゲームできるのになぁ。と思いつつ、今年の日記はこれで締めくくらせていただきます。それもどうかと思いますがね。


……それにしても、深層異世界って恐ろしいですね。ようじゅつしのモンスターハウスとか。こんなんクリアできるわけがない。ダースさんとかもね。まーわたくしはそこまで辿り着くことさえできなかったんですけどね!!! ……ごめんなさい。ダースさんの脅威は動画で知りました。
トルネコ3は運がなければ進めないゲームです。(←結論。
スポンサーサイト
コメント0

昨日はあらゆる意味で大変だった

2008.12.27 未分類
「二人とも、ありがとう」
 ぽつりと漏らした一言。それは、永遠の中で生き続けるだろう。


幸福、更新しました。ついにラットロテス編終了です。
終わった! やっと! って感じです。
なんだか全く救われず報われずな終わり方ですが、しばらくヴィノバーとはさよならです。もちろん司教様とも。
それにしてもコルネス司祭を書くのが楽しかったです。ディーレ助祭はほぼ空気でしたが(笑)。
なんて、笑っていられる内容じゃないですけどね、今回は。
未来編はまだちょっとだけ続きます。相変わらず暗くなると思いますが、それまでお付き合いくだされば幸いです。


……でも実際、ラットロテス編は書いてよかったと思ってます。本当ならもっと細かい所まで書いてみたかったんですが、それだと話がさっぱり進まなくなるのでやめました。リザとか他の修行僧連中とかもいろいろと動かしたかったんですけどね。ついでにルイスや神様も出したかったんですけどね。
そーいや今日の夢にルイスが出てきました。でもあれは未来に近い性格でしたねぇ。少なくとも今の静かなあいつではなかったです。
そんなこんなでラットロテス編は終了です。皆さまお疲れ様でした。


コメント0

よく言えば謙虚、悪く言えば自己犠牲

2008.12.21 未分類
 話を終えたヴィノバーは、いくらか穏やかさを取り戻したようだった。だけどその顔から影が消えることはなかった。それが完全に消える日は恐らく、彼が人であり続ける限り決して来ないだろう。それは悲しいことだけど、でも、それこそが人である証だと俺は思う。


更新しました。幸福。
今回はヴィノバーの過去話だけですね。
こういう形での過去話を書くのは確か三回目だったと思います。一回目は改稿前の命と魂でのアートの過去話、二回目はSでのラザーの過去話、そして三回目が今回のヴィノバー。内容的にも一番長かったのはもちろんラザーなんですが、よく考えてみるとSの第四幕もこれに似た形になるんじゃないかと思ったりするわけでありまして。そうなったら一番長いのはそれになるんですよね。
でも過去話は書いてて楽しいです。というか、書きやすいんですかね。そして今回はまさかの神様登場(笑)。一応時代は違えど、幸福の今の舞台はスイベラルグです。なので神はあいつなのです。
今回はあんまりいい感じの文章が書けなかったので短めですが、キリがよかったのでここまでにしたということにしておいてください(笑)。


そういえば浜崎さんの新曲、買いました。もちろん。
最初買いに行ったら見事に売り切れてて撃沈しました。まあ翌日に行ったら売ってましたが。それでも最後の一枚でした、危ない。
まったくひやひやしましたが、曲を聴いてると買ってよかったと素直に思えます。
コメント0

孤独な魂は、そして終わりを迎える

2008.12.14 未分類
 確かに、これじゃ皆が化け物と呼んでも仕方がない気がした。だけど俺は、ヴィノバーを知っている俺だけは、彼女のことやヴィノバーのことを化け物と呼ぶ勇気が出てこなかった。もしそう呼んだとしたら、俺の中の世界が反転し、今まで積み上げてきた様々な価値観が崩れてしまいそうな気がしたんだ。


毎回宣伝で使用する部分をどこにするかで悩むんですが、今回はこれにしました。世界が反転するって表現は昔も使ったことがあって、ちょっと懐かしい気分にもなりました。
それにしても今回の話は某BGMを聞きながら書いたので、後半からいつもと文章が違っていることが明白に見えると思います。こういう書き方したら結構時間がかかるんですが、個人的にはこの方が好きなんですよね。まさしく「悩み」って感じがして。
コメント0

Daysはかなーり一般受けしそうな感じがする

2008.12.07 未分類
 視界の端に、何か黒いものが見えた。
 でも、それだけ。それだけで何も起こらない。
 だったら無視していよう。何も変わらない自分でいさせてほしいから。


更新しました。そしていよいよ物語の根幹となる伏線もつけ始めました(今更?)。
Sでは「白い光」でしたね。今度はそれに対して黒ですが。
あともうちょっとです。もうちょっとで、ラットロテス騒動もお終いです。つまりヴィノバーのネタばれができるということです。
それまでに豊君にはしっかりと悩んでいただくことにしましょう(笑)。


タイトルですが、Daysとは浜崎さんの新曲のタイトルのことです。
かなり一般受けしそうな内容の曲になってますね。
でも私はひねくれているからそういう目で見たりはしません。この曲を聴いていろいろ考えたりしたんですが、やはりこの曲はただの恋愛曲じゃなくて、浜崎さんらしい曲だなーと思いましたね。
なぜそう思ったのかってことは発売後にでも書こうかと思ってますが。何と言うか、もう辿り着いた感があるんですよね。初期に比べたら随分と精神的に成長してますし、一般人にはとても真似できないようなことをやってのけているって感じがするんですよ。もちろんそれは悪い意味で言ってるんじゃないし、辿り着いたと言ってもまだまだ終わりはないわけです。
……なんて書くといろんな誤解が生じそうですが、私はこういう抽象的なものがすごい好きなんですよね。浜崎さんの曲はほとんどが感情によって作られているから、抽象的なものが多いんです。よく歌詞がストレートで分かりやすいとか聞きますが、私にはストレートのようでストレートじゃないように聞こえるんですよね。まあどう聞くかってのは個人によって異なるものだから何とも言えないんですが。
とにかく。
今回の新曲はかなりおすすめです。騙されたつもりで一回だけでも聞いてみてください。サビだけじゃなくね。(なんてったってこの曲はサビ以外の出来が素晴らしいんだから……


そういやクロノトリガーは昨日エンディングを見ました。通常のエンディングですが。シルバードもあります。
で、次元の歪みってところに突入してみたわけですが、ダルトンがいて一人で大笑いしてました。しかも何気に技だけは凄いの使ってくるし。誰だよお前。って感じでした。
っていうかあの様子じゃまた会うのかなー。こいつばっかり? それも嫌だ。
そしてタイトル画面に「つよくてニューゲーム」の文字が追加されてました。やっぱりこれがなくっちゃ始まらない! と嬉しくなりました。
まだまだ終わらないクロノトリガー。それがこのゲームの良さなのです。
コメント0