かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

なんだかんだでTOX2が楽しみなのでございます

2012.10.29 未分類
リンクに一件追加しました。今回お世話になった海野真水さん宅でございます。
正式にリンクをはる前にetcページからリンクしてたってのもどうかと思いますが。

そんなわけで本日の日記はメールフォームの返信くらいしか書くことがないんですが、それだけじゃ淋しいので小ネタを一つ。
以前に何度か日記やらツイッターやらで零してたんですが、月夜はあらゆる場面でわたくしの大好きなあゆさんの楽曲の影響を受けております。あとがきに書いたMOON以外にもいろいろ影響されてるところがあるということで、もう完結したんでそのネタばらし的なことをまとめとして書いてみようかなと。

まず基礎となった部分。これはあとがきにも書いたとおりMOONです。しかし実際にはBALLADの方が古くからの基盤となっていて、まあ歌詞を見れば一目瞭然なんですが、道標とか月がクトダムはんを示してるとかそういうのの元ネタ的な感じになってます。そして早い段階から書くことを決めていた最後のシーンですが、あれこそラストの一節「今だけは~」の部分から生まれたシーンで、あれを書く為だけに長々と40話も続けていたようなもんですよ。
MOONは歌詞が完全に樹の視点からしか当てはまらないのに対し、BALLADはラザー視点って感じでしょうかね。もちろんBALLAD内の「あなた」はクトダムはんのことです。というか、月夜の話自体が「ラザーがクトダムのことをどう思っているか」という答えを書いたようなものなので、抑え込んでいる感情というか、表には出さないけど想い続けている(ただし周囲に知られてはいけない)辺りがBALLADとリンクしてるかなーという感じでございます。はい。
あとは細かい部分ですが。
序盤でエダさんに屋上で襲われていた場面→momentum(雪のシーンとか特に)
終盤でラザーが樹にメールを打とうとしていた場面→sending mail
自由へ飛び立てる翼はどこにある?それは他人の中だ的な考え方→November
勝手にテーマソング・清明君→Endless sorrow(シングル版)
樹の台詞「死んだ後は月として見守る云々」→Moments
樹の考え・自由とは選択だ!の中に出てきた「クロス」という単語の元ネタ→crossroad
中盤・樹の台詞というか無理やりな決意というか→Last angel
終盤・二人で夕日を眺めたバックミュージック→Sweet Season
エダさんが兄貴の小屋を燃やした場面全般→do it again
ラスト直前・組織内を歩いていくシーン→Heartplace
どこぞで出てきた言葉「最も恐ろしい孤独」→SURREAL
ざっとこんなもんでしょうか。忘れてるものがまだあるかもしれませんが……
ラブソのアルバムからの曲が多いのは、ラブソ自体がいろんな愛を歌ってるものなんで、月夜も仮にも愛をテーマにしてるんでいろいろ参考にさせてもらいましたよ、ということでございます。

長くなってきたので語るのはこのくらいにしておきましょう。

以下メールフォーム返信です。
スポンサーサイト
コメント0

そういえばもう一週間を切ったんですなぁ

2012.10.27 未分類
閉鎖空間更新しました。
そしてもう一つ、さしあげものイラストを公開。

閉鎖空間は何やら真面目になってしまった気がします。もっとあほみたいな内容を予定してたんですけどねぇ……サブタイトルが明暗で各々の明の部分と暗の部分を書いてるからそうなるのかもしれませんが。
しかし次回からは一番書きたかった亮介のあの面が書けるようになるので、それはそれで楽しみかもしれませぬ。

さしあげものイラストは、名目上は感想を書いてくださったお礼ということになってますが、以前メールフォームでラザーが好きだとのご意見をいただいただけで嬉しくなって描いたものなので、若干趣旨が違っていたりします(笑)。なんというか私は単純な奴だなと。褒められる、とはちょっと違うけど、好きだと言われるとそれだけで上機嫌になる奴なのです。笑
イラストをのっけたページにいろいろ言い訳みたいな何やらを書いてますが……いやもう本当にエダさんはイケメンだと思うんですってば。見た目はそうじゃないけど。なのに番外編では清明ばっかり書いてましたねこの作者は。だって作中でエダさんの出番は多かったけど清明の出番が少なすぎてまだまだ書きたいことがいっぱいあったんだってば!
などという言い訳は置いといて、実際私はエダさんは好きですよ。なんというか動かしやすい奴ですし、楽な気持ちで書くことができるので。ただ清明君のことも好きなんです。彼についてはラザーと同じような感じで好きなんだと思います。要するに同情に値する人物、ってとこでしょうかねぇ。あと天然で実は可愛いところとか、ラザーとよく似てるんですよね……いやラザーほど怒りっぽくはないけど。Web拍手ネタでも書いたように、月夜ではラザーが怒ってるシーンが少なかったんで、後からSとか読み返すと違和感を覚えたりしますね。あと過去の拍手ネタでラザー君怒りすぎ。そんなにストレス溜まってんのかよあんたは。笑
「あんた」で思い出した小ネタを一つ披露。実は樹君、最初はラザーのことを基本的には「お前」と呼んでいました。でも月夜ではラザーのことは「あんた」と呼ぶようになっています。ちなみにラザーは樹のことは「お前」と呼び、樹がリヴァや薫を呼ぶ時は相変わらず「お前」と呼んでいます。まあそれだけのことですが、二人称一つでもがらりと印象が変わるもんだなぁと感じてくだされば。なぜ樹がラザーの呼び方を変えたかというと、そりゃあもうもちろん、そういう関係になったから……ではなく、実際はラザーのことを年上というか尊敬に値する人物として敬意を払ってるという側面があるからです。出会った当初は同い年の怒りっぽくて怖い青年だと認識してましたからね。

久々に日記で長々と語ってしまいました。最近ついったーばっかりで語ってるからねぇ。
何年経っても私の癖は治らないということか。そうなのか。
そんなわけで、次の更新は来週の土曜か日曜です。
コメント0

永遠なんて見たことないけど

2012.10.20 未分類
閉鎖空間更新しました。
ふざけた内容かと思いきや、最後はちょっとだけ真面目です。いやはややはりトラウマ描写がないとつまらないなあと思いまして……しかしこの話の本題は弘毅のトラウマをどうにかすることではないっていう。そもそも主人公は弘毅だけど、実際彼は主人公というより視点って感じですからね。
しかしトラウマ描写は書いてて楽しいなあと感じた今回の話でした(笑)欲を言えばもっと悩ませたり苦しませたりしたかったんですけどね……月夜みたいな話、また書いてみたいわぁ。

次回更新は来週の土曜か日曜です。
ちなみに今回の日記のタイトルは、これを書いてる時点で聞いてる曲の一節です。
コメント0

まさかの

2012.10.14 未分類
二日連続更新でございます。
なんでこんなことしたのかというと、書けたからです。ええ。
そういうわけで内容は作者の得意分野と呼ぶべき真面目なものとなっております。とはいえ月夜ほどではないんですけどね……本当はもうちょっとがっつり書いても良かったんですが、閉鎖空間の作風にがっつりは合わないだろう、ということで、わりと文章としてはあっさりしてます。
あと目次ページをいろいろ調整。フォーム設置と注意書きを付け足しておきました。

今回更新したから来週の更新が無しになるなんてことはないので、来週の土曜か日曜にまた更新します。
以下メールフォーム返信です。
コメント0

順調な週一更新を行っておられるようで

2012.10.13 未分類
閉鎖空間更新しました。ついでに月夜の番外編も更新です。

閉鎖空間はなんか一気にぎゃぐになった気がします(笑)なんていうかこの話は亮介のナルシストっぷりを書くのが楽しいです……Sでは某らすぼすがナルシストだったし、私はこーいうキャラが好きなのか?
今回いろいろ事件が起こったりしてますが、なぜか主人公が守られる役っていうね。いや、実際この話では主人公よりその他の方が目立つ気がしてます、設定的に。お前は何の為の主人公なんだ。

月夜の番外編「交錯」は、もともとあゆさんの「Tell me why」をベースにした話を書きたくて書いたものです。この曲を聴いてると真→清明の心情を思い出しちゃうので、だったらそれを書いてしまおうじゃないかと考えて書いてみたというわけです。いつかあゆさんの曲で何か話を書きたかったというのもありますが。
現在のウェブ拍手ネタでもちらっと出てましたが、真は実際お兄ちゃんのことは好きなのです。でも彼が犯罪者であるから恨まなければならないと思い込んでおり、許すことができなくなっているだけなのです。この二人の関係が修復されることがあるかどうかは不明ですが、なんかこの調子だとぎくしゃくしたまま離れ離れになって終わりそうな気がするんですよね……ちなみに清明くんはシスコンでもあります。いや、スーリみたいなアレではないですが。

次回更新あたりから閉鎖空間もサーチサイトとかに登録しようかなと考え中。次はいつも通り土曜か日曜に更新します。
以下小ネタ。
コメント0

序盤は特に語ることがない

2012.10.06 未分類
閉鎖空間更新しました。
ぎゃぐとして書こうとしてるのに、どうしても真面目モードに突入するのはきっと月夜を書いてたせいなんでしょうね。ううむ。
たぶんどう頑張っても私はそっちの方が得意なんだと思う。だからぎゃぐなんて目指すべきじゃなかった……とかなんとか言ったらウェブ拍手ネタはどうなんだって話になりますが(笑)。あれは何というか、無計画にノリだけで書いてるようなものなので。台詞なんて全部その場の思いつきですよ。笑
今回は前までの話に比べるとちょっとだけ長めで、ようやくびーえるっぽくなってきたってとこでしょうか。
ついでに登場人物紹介も作成しておきました。かなり簡易ですが。月夜よりもあっさりした紹介の仕方ってどうなの。更にまだまだ出てこない人たちの名前までのっけてあるし。いや、四人だけだと少なすぎると思ったのですよ……

というわけで、次回の更新はいつも通り来週の土曜または日曜です。

以下メールフォーム返信です。
コメント0