かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

真面目さが滲み出る

2013.01.26 未分類
閉鎖空間更新しました。
今週は無事に土曜に更新できてやれやれです。

今回は前回に引き続き学園祭の準備編となっております。やっとのことで衣装が出来上がったようで。そして弘毅がなんとも可哀想なことになってますが、まあそれはご愛嬌ということで。
余談ですが私は高校の制服以来スカートはほとんど穿いたことがありません(笑)大学はずっとズボンで行ってました。なのでちょっとだけ弘毅の不安感も理解できなくはないかなぁという感じです。
ラスト付近は何やら不穏な空気になってますが、もともとはこの話ってこういう雰囲気にしようかなと考えて作ったものなので致し方ないかなと。いや、実際は単なる作者の癖なのかもしれないですが。

そしていつも拍手ありがとうございます。
このお礼も恒例化しつつありますが、こうしてぽちっと押してくださることで私自身すごく支えられていますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。
ていうか拍手とか何もなしだとしょんぼりするんですよね。月夜を書いてた時なんかずっとそうでしたし(笑)。まああれは作者の自己満足の為の作品といっても過言ではないくらいですから仕方ないんでしょうけどね。

以下ちょっとした愚痴です。興味無い方はスルーしてください。
スポンサーサイト
コメント0

一日遅れましたが

2013.01.20 未分類
閉鎖空間更新しました。
昨日更新できなかったのは、家にいなかったからです。

今回から学園祭編が始まります。
学園ものといえば学園祭、というわけで書き始めたわけですが、実は学園祭に関してはこのネタしか思い浮かばなかったというのが現状です。
ええもう見目麗しい青年さんがいるとすれば女装ネタしかねぇわと。ついでにそれなりにいけめんな弘毅君も巻き込んじゃえと。おかげさまで今回は化粧回です。
前回辺りがなんとなく真面目なムードだったので、今回はその反動としてか、はっちゃけてますね。地の文でもいろいろはっちゃけてます。やはり弘毅は思考回路が樹より豊って感じですかね。この辺は書いてて楽しいです。
ついでに登場人物紹介の方もちょっとだけ更新してます。絹山幾人とか衛藤光雄とかを追加したり、既存の弘毅やら亮介やらに追記をしたりしてます。あくまでネタばれのない紹介なので読まなくても支障はない程度ですけどね。

拍手してくださった方、いつもありがとうございます。励みになっております。
のんびりとしか進まない話ではありますが、今後もぜひお付き合いくださいませ。

次の更新は来週の土曜か日曜です。
コメント0

TOX2ようやくクリアしました

2013.01.12 未分類
閉鎖空間更新しました。
今回は1話のみです。

これにて初めて外に出た夏休み編は終了となります。なんかあっさりしているというか、あっという間でしたね……と感じるのはたぶん月夜を書いてたせいなんでしょうけど。あれは一日一日を詳細に書きすぎってほどに書いてましたから。
そして前回のことに対し、弘毅君は何やら引きずっている様子です。というのも、実はこれ、月夜で書けなかったから是非とも書きたかったんですよね。月夜では初めての翌日はラザー視点だったんで、樹の混乱とか罪悪感とか不自然さとかが全く書けませんでしたから。とはいえ個人的に書いてた月夜をノベルゲーム的なあれにしたテキストでは短いながらもちょっとだけ書いてたんですが……それを読み返すとやっぱり鬱っぽかったです(笑)。でも実際はガルダーニア宿泊の翌日とかエダさんに襲われた後の方が鬱度が高かったんですが。
とはいえ、まだ一部なのでそれほど鬱な展開にはなりませんでした。二部からはどうなるか知りませんがね……笑

つい先日TOX2をクリアしたんですが、どうやらこれってマルチエンディングでどれを選んでもそれなりに鬱要素があるらしいですね。まだエンディングは一つしか見てませんが、道中でもわりときつい展開が多かったです。そして迂闊にも前作でどうでもいいと思っていた奴にホロリとしてしまったり。涙腺の弱い私はスタッフロールでは泣きっぱなしでした(笑)。
なんていうか、やっぱりね……兄弟とか兄妹っていいですよね。あとお父さんと娘ってのもいいですよね。それどこのニーア。

閉鎖空間では娘は出てきませんが妹は出てきましたねー……ネタばれになるので詳しくは言えませんが、この妹という要素は結構重要なポジションとして設定しています。あと兄弟の方も。
拍手ネタでも書きましたが、この話は基本的に家族の関係が主題と絡んでくるお話になってます。軽いのから重いのまでと拍手ネタでは言ってましたが、亮介やキアランの家族は軽い方に含まれてます。

あと拍手してくださった方々、ありがとうございました。
なんだか最近毎週拍手してくださるようになり、作者として非常に嬉しく思っております。こんなそれほどBLっぽくない話でも読んでくださって感謝です。まだまだ四分の一が終わった程度ですが、今後もお付き合いくださると嬉しいです。

そんなわけで次の更新は来週の土曜か日曜です。
コメント0

今年もよろしくお願いいたします

2013.01.05 未分類
閉鎖空間更新しました。
今回は2話まとめての更新でございます。

初の2話更新ということで、目次のページもちょっとだけ分かりやすいように改変しました。
というよりそもそも今回更新したお話はどう考えても1話ぶんの内容だったものの、これを1話にまとめると今までに比べて長すぎるってことになるんで2話に分けたってだけのことです。なので内容としては綺麗に繋がっております。
しかしまあ、03の方は地味でのんびりで見せ場といったら亮ちゃんの背負い投げくらいでしたが、04ではようやく年齢制限が活きてきた話になったというか。しかし作者もノリノリで書いたので、わりと描写やら台詞やらが月夜っぽくなっております。久々にマシな文章が書けたかなぁと。そんなわけで今回の話はお気に入りです。

「お前は変な奴だ、弘毅。お前は俺の親でもないのに頭を撫でる。俺の恋人でもないのに黙って抱き締める。そのすぐ後でお前は俺を好きだと言った。そして何の確証もないくせに大丈夫だと言う。お前は一体何者なんだ、俺をどんな目で見ているんだ」
「友達が困ってる時に相談に乗るのは当たり前だろ? それだけだよ」
「友達――おかしな概念だ。お前は友達と言いながら、それは恋人のすべきことじゃないのか。家族のすべきことじゃないのか。なぜ一時の繋がりをそうやって主張しようとするんだ、たかが数年きりのか細い繋がりを!」

この辺なんかまさに月夜のノリだなぁと読み返してて思いました。
あと引用はしませんが、いちゃついてるシーンなんかも月夜っぽい文章になってますね。いやはや、真面目真面目。
書いてる途中で「これ弘毅というより樹じゃんか!!」と思ったことは……うん、否定はしない……。弘毅はどちらかというと豊と樹を足して2で割ったような感じで書いてたんですが、こういうところでは完全に樹になってますね。お人好し。
一方亮ちゃんは完全に亮ちゃんです。なんかもう拍手ネタでも書いたようにサド9割つんでれ1割って感じになってるんですが、今回の話ではつんでれ率が高めですね。もっと素直になれよ。
それはそうと今回で初めて二人がいちゃつきましたが、どっちが左でどっちが右かってことは設定を考えた時点ですでに決まっていました。月夜の読者さんならきっとお分かりかと思いますが、わたくしは強気受けが好きです(笑)。ついでにサドっ子とか毒舌っ子も大好きなので(こればかりは性別とか関係なしに)、そういう子たちはついつい困らせてやりたくなるサドな作者です(笑)。いや……だって、いつも強気な人が困ってるところって……可愛いじゃないですか!(笑

あとさっそく拍手くださった方、ありがとうございました。閉鎖空間ネタは楽しんでいただけたでしょうか。まあしばらくはこれのまま放置すると思うので、生温かい目で見守ってやってください。

次の更新は来週の土曜か日曜です。
喪中なので新年のごあいさつはできませんが、皆さま今年もよろしくお願いしますね。
コメント0