FC2ブログ

かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

ver.2.9

2015.04.30 未分類
ver.2.9になりました。
そして攻略ページも大きく更新。

●微修正
・細かい台詞追加。
・クエストに関する微修正。

クイズブックが分からんという意見が多かったので、間違った場合にヒントを表示するようにしました。現在間違った状態で放置している方はもう一度挑戦してみてください。再度間違うと次からヒントが表示されるようになります。
あとサブイベントやらクエストやらに関して誘導する系の台詞を細々と追加or変更しました。これで少しは分かりやすくなったんじゃないかと思われます。

攻略ページはまず全クエストの攻略法を書き起こしました。が、どうでもいい感じのクエストに関しては、作者の記憶により書いた部分があるのでもしかしたらミスがあるかもしれません。とりあえず最後にチェックはしましたが。これであの分かりにくかった「探索青年―解錠―」も楽々クリアできるようになりますよ!(たぶん)
探索モードで移動できる場所リストも作りました。クリア後要素の頁から飛ぶことができます。
あとFAQに過去にあった質問を追加。最後にエデンに関するものやまだ誰も到達してないであろう項目も追加してます。

こんな感じで攻略ページを加筆したわけですが、今後攻略ページに載っていること以上のヒントはあまり出さないつもりです。あ、でも夢幻歪曲回廊だけは別ですね、あれは質問がきたらちゃんと答えます。ボスの攻略法とかも全然書いてないので、そういう系統の質問にも答えます。隠しサブイベントとかは某アイテムを入手するまで秘密ということで。
作者としてはやはり攻略に頼らず自分の力で進めて欲しいものですが、それにしては難易度が高い(というか分かりにくい)要素があるゲームなので、今回こうやってクエストの攻略も書いたというわけでございます。

というわけで、更新報告でした。
以下返信。
スポンサーサイト

ver.2.8

2015.04.24 未分類
ver.2.8になりました。
久しぶりの更新です。

●微修正
・エデンからの帰り道設置。
・葉系統アイテムの売り出し時期変更。

エデン関連の修正ばかりです。そうです作者、遂にエデンに辿り着いたのです。そして感じたことがそのまま修正内容となっております。葉っぱはエデンに辿り着いた段階で売り出すことにしました。
今まで鬼畜すぎかなと思っていたエデンへの道ですが、厳しいのは序盤だけでしたね。中盤以降はレベル上げもぽんぽんできるようになるので、終盤なんかかなり余裕で進めました。まあ最後のボスにはぼろ負けしましたけどね! というわけで、レベルMAXでも奴に勝てないことが分かったから葉っぱ系統を売り出す時期を早めたということです。
メンバーはとりあえずアスターがいれば安定してましたね。あと序盤から中盤にかけては豊さんが雑魚を一掃してくれてました。終盤はリヴァが称号上官っ子で魔魂解放してヴィントホーゼしてればだいたい安定してましたね。樹は一ターンかかるけど兵器覚醒したらまず負けなしでした。そして意外と使えたのがヨウト。即死系特技が○属性で止めの時に役立ちました。あとは真が例の指輪装備で一人だけパラメータが飛びぬけてたのでビッグバンで大ダメージ狙えたのと、レベル500超えたらラザーが使える子になったので回旋でそれなりに削れたり。カピラ姉ちゃんは強いけど雑魚戦向きではないのがアレでしたが、ボスフロアでいれば相変わらず無双してくれてました。敵の数を減らす時は即死系特技が便利だと思い知らされたロディルの先制クロイツは、頼りになる奴が誰もいない時にお世話になりました。足止めならレーゼのTime spellが便利でしたね。ルイスさんはやはりボス戦向きでした、ソウル系が便利なのと特性のおかげでかなり優秀な子です。あ、もちろんアレートさんも大活躍でしたよ、いやお世辞じゃなくて本当に。闘魂解放して不動拳してればだいたい一掃できますから。エデンを目指していて、やっぱり主人公と最初の三人は強い方だということがよく分かりました。
そんな感じのプレイスタイルでエデンに到達。それでもまだプレイ時間は100時間経ってません。が、あともうちょいで突破するので、やっぱり全制覇しようと思ったら100時間は必要そうですねこのゲーム。本当作者は何を考えてたんでしょうね……こんなお使いゲーで100時間とか……最早最後はお使い関係ないですしね!!笑

新作予定「アロケンの魔導器」の方はシナリオ考案段階です。そう、まだ物語考えてるんです。でもあと大ボス一体とラスボスを倒すだけになったので、最後の盛り上げをどうしようかと考えているところです。シナリオが完成したらシステムでも作ろうかなーと考えてます。そしたらようやくスクショとか載せられますね……シナリオだけじゃ何も載せられないので報告することも何もなかったんですよ!
新作はやっぱり恋愛要素なさそうな気がします。今のところただの友情でしかないので。

というわけで、更新報告でした。
以下返信です。

ちゃんと進んでますよ……たぶん

2015.04.04 未分類
返信用記事ですが近況報告も兼ねて。

新作はもうタイトルが思い付かないので仮タイトルをそのまま使うことにします。この流れ、月夜でもありましたね……タイトルのセンスが欲しい。
というわけで、タイトルは「アロケンの魔導器」になりました。なんかものすごくファンタジーっぽいですね。いやまあ実際ファンタジーなんですが。今回は日本人も出てこないし。
どういう話なのかというと、アフェーデという宗教国で語り継がれている「聖者」って奴が、諸悪の根源「魔神王」って奴を倒すというよくあるタイプの話です。勇者が魔王を倒す的な感じの。でもまあ世の中そううまくはいかないものであり、間違ってもこの話は王道じゃないと思います。ていうか作者が私なので王道は頑張っても書けないというか……流れをざっと書いただけでもシリアス:ギャグ=9:1のような気がしています。そもそもギャグなんてあるのか。でも月夜よりはマシです確実に。
世界観の設定としては、前回ちらっと書いたとおり、ガル建国記Eエンド後の世界で、世界の仕組みやら何やらががらりと変わっております。神さまはいないし、竜とか精霊とかエレメントとかもいないし、神木の力もルピスも力石&黒いガラスも世界の核も源石もありません。なので竜とかが管理していた魔法や呪文といった類が全て失われてて、代わりに「神の恩恵」と呼ばれるものを使い発動させる二つの力「聖術」と「魔術」が今作のいわゆる魔法にあたるものとなってます。ついでにその二つの力は努力で習得できるものではなく、天性の素質により使えるか使えないかがはっきり決まってます。
しかし、聖術とか魔術を使うと「神の恩恵」を消費することになり、恩恵が失われた世界は当然衰退していきます。目に見える変化として、世界のあちこちで毒の霧みたいな「瘴気」というもやもやが出てきて、そいつを吸い過ぎると死ぬとか何とかというよくある設定が施されております。その瘴気から生み出された存在が魔物で(神がいた時代のものとは全くの別物)、瘴気も魔物も通常は浄化できないと言われているものの、聖者だけが使える「浄術」(「神の恩恵」ではない)では浄化できるというどこぞにありそうな設定で話が進んでいきます。ラスボスポジションである魔神王も瘴気から生まれた存在なので、聖者しか倒せないってわけです。
主人公はアフェーデ国で育った青年で、主人公らしく聖者に選出され旅に出ます。選出するのはなんか神みたいな存在らしく、選出された証拠に手に刻印とやらが出てくるそうです。が、聖者に選ばれてもいない友人が勝手についてきます。聖者は本来必ず二人選出されるものであり、主人公の他にもう一人聖者が選出されます。そして二人の聖者は何故かいつも知り合いだったり仲が良かったりするものですが、今回は例外らしく選ばれた二人は特に仲がいいわけでもない単なる顔見知り程度の関係だったりします。もう一人の聖者は魔導師の青年で、昔から危ない噂が絶えないヤバそうな奴ですが、同じ聖者なので一緒に旅します。この三人が主にメインで話が進んでいきます。
舞台である世界には大きな国が四つあります。宗教国家のアフェーデ国、魔法王国なメルエト国、文明が進歩したSF風のガディオル国、そして嘗て栄えていた地下の廃墟ヴェシス国の四つです。ガル建国記に比べると各々の国の領土が広く、中立的な町とかはほとんどありません。いずれもどこかの国に属している町ばかりというわけです。

……とまあ、ここまで長々と語ったわけですが、今回もまた設定がいろいろごちゃごちゃしてます。神の恩恵だったり聖者の力だったりがややこしい設定なのでもう少し固めてみるつもりです。現在もまだ話の流れ詳細を書いている途中で、もうちょっとで起承転結の結に入るというところです。ここまででもかなり長い気がするけどちゃんと完成させられるんだろうか。

以下返信。