かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

忙しかったので

2013.06.22 未分類
閉鎖空間更新しました。
そしてWeb拍手ネタも変更。

まず閉鎖空間ですが、想像以上に長くなってしまいました。そして長くなるということは即ちアレなシーンが入ってくるというわけですが……なんだか久々に最後まできちんと書いた気がします。
番外編とかを除いてそういう場面が出てきたのって冬休み編最終日が最後だった気がしますが、あれはすぱっとカットしてましたからね。なんていうかこういうシーンって長くなるんで、だいたい一日で書けないんですよ。そして二日にわたって書くとなると途中までのテンションを維持できなくて、結局冷めたまま書いたりしてしまうので、なかなか書きにくいんですよね。今回も二日にわたって書いたんですが、自分にしてはまあまあだったかなぁと思っています。ハイ。
しかし月夜の時は心理描写がメインだったからそういうシーンも多かったんですが、閉鎖空間では特に何もなくても積極的に取り入れていくべきかどうか未だに悩んでいたりします。そういうのお好きな方も多いでしょうし、読者さんのことを考えて書くと決めた身としては、どういうもんなのか知りたいですね。とか今から言っているのは、今後も今までのような感じであまりこういうシーンが出てこないという予感があるからです。物語の進行でどうしても必要な年齢制限シーンはあと一箇所か、おまけでプラスして二箇所くらいしかなくて、普通に書き進めるとそれを書く必要がないんですよね。でもせっかくBLで年齢制限まで付けたんだからちょっとくらいは書きたいと思っているのですが、どれくらいの頻度で書けばいいのやら、というところです。まあその為の番外編と言えばそれまでなんですが。
それにしても今回の話は真面目でした。弘毅の考えがヤバかったのは、寝不足が全ての原因だと思ってください。彼は兄貴ほどぶっ壊れてはいませんので。

そして拍手ネタ変更に関して。
このネタはちょっと前に思いついたものだったんですが、実際書いてみると結構大変でした。というか、現代ものであるはずの閉鎖空間メンバーが埋もれずに目立っているのが作者としてもびっくりでした。お前らどんだけ変人なんだよと。弘毅が一番地味でしたね……笑
この中だけでのネタばらしも含んでます。豊が言っていた「主人公の中で誰が一番浮いてるか?」という質問とか、アスター君の昔話とか、まさかの聡史お兄様と対面する弘毅君とか。ああいうのは本編と関係ないところだからこそできるものですが、いやはや、まだそこまで書いてないのにノリで書いてしまい若干後悔してます。でも書き直すのは面倒なのでそのままにしますけどね!
それにしても絹山幾人ってサドキャラだったっけ……エダさんと二人でノリノリになってましたが、もしかしたら私は絹山幾人が好きなのかもしれない……最初はただの脇役だったのに、ずいぶん出世しましたねコイツは。ちなみに円先生は最初からサドっ気があるという設定でした。基本的には優しい変態なんですけどね。

そんなわけで今週はSの改稿はお休みです。ちょっと忙しくなる用事があったので、すぐに書ける拍手ネタを書こうと思ったわけですが、結局それも二日くらいかかってしまったという。あとついでに拍手ページのレイアウトを変更してみました。といっても借りものですけどね!

次の更新は来週できると思います。土曜か日曜のどちらかです。
スポンサーサイト