かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

フリゲ感想

2014.12.31 未分類
ようやく落ち着いたので一つ感想記事でも書いてみようと思います。
実は今までいろんなフリーゲームをやってまして、中でも面白かったもの、おススメしたいものを挙げてみようかなーと思い立ったわけです。やっぱり一度やったゲームや一度読んだ小説には感想を書いておくのが物書きとしての使命のようなものだと考えているのですよわたくしは。
なんてことはどうでもよくてですね。
早速ですが、つらつらと書いていってみましょう。

たぶんプレイした順で紹介。

●アリビオンの盾シリーズ (RPG)
 英雄ナーゴ様 http://heronago.web.fc2.com/
ウディタ作品です。作品登録ページで発見してプレイしてみました。
独特の戦闘システムが興味深く面白かったです。詰将棋的な感じだと言われていましたが、戦闘が苦手な私はなかなかコツを掴むことができませんでした。でも二周目突入時には全滅しなくなり、これもすべて丁寧なチュートリアルのおかげだと思います。きっと私の実力ではありません(笑)。
が、個人的にはシナリオ、というかキャラ同士の掛け合いが好みでした。私の好みを知っている方なら想像できると思いますが、アロクとロギンスの掛け合いがツボでした。シリーズには多くの番外編があって、ついつい全作品をダウンロードして笑わせていただきましたとも……一時期かなりはまってました。
好きなキャラはロギンスです。真顔でアホなこと言ってアロクにぞっこん(?)な彼……それで妙に見た目が綺麗なのがなんとも言えません。笑
同作者さんの「願力物語」もプレイさせていただきましたが、こっちはラスボスが好みでした。この作品もまた戦闘システムが面白かったです。
戦闘が好きな方はぜひプレイしてみてください。

●Ruin's fate (RPG)
 隼人様 http://hayatogame.web.fc2.com/
ウディタ作品です。ウディコンで発見してプレイしてみました。
とにかくこの作品で凄いと思ったのは戦闘です。ドット絵もさることながら、キャラが動く動く……戦闘に迫力があり、最後まで戦闘に飽きることなくプレイすることができました。クードさんの技が特にかっこよくて惚れそうです。いやはや、ドット描ける人って本当に羨ましいです。私はなんちゃってドットしか描けないので。
ストーリーに関しては王道とのことでしたが、わたくしってなんかあんまり先の展開の予想とかせずにゲームをプレイするので(予想したらその時に限って悲壮な展開になったりして後悔するんですよね)、正体隠してる敵の正体とか普通に気付きませんでした(笑)。マジかぁーッ! って感じで。あと、ラスボス周辺のイベントが印象に残ってます。恋愛要素もほとんどなく、こういうところに力を入れてくれるのはとても個人的にツボでしたね。キャラの一人一人が丁寧に描かれていた感じで、短いながらもどっぷりとゲームにはまることができました。
上でもちらっと書きましたが、一番気に入ったキャラはクードさんです。私は勝手にイケメンだと思ってるんですよ……銃技の格好よさが異常。
友情物語が好きな方はぜひどうぞ。

●ライトクリスタル-黒の存在- (RPG)
 ししく様 http://sugiterubiyori.blog.fc2.com/
ウディタ作品です。作品登録ページで発見してプレイしてみました。
戦闘システムはそこまで変ったものではありませんでしたが、ストーリーが面白かったです。ファンタジーなゲームやってるなぁ、と素直に感じられたゲームでした。主人公が記憶喪失なので、まず導入部分で興味をそそられましたね。記憶喪失ネタってプレイする側も作る側もそそられるものだと思うんですよ……うちの場合はそのそそられる感を完膚なきまでに粉砕してますけどね!
話がずれましたが、この作品で最もツボだったのは作品の雰囲気でした。なんていうか、どことなく暗いんですよ。サブタイトルに黒が入っているところから想像できそうなものですが、この暗さがもうたまりませんでした。主人公の中にいる存在とか、全然正体明かしてくれない謎の人たちとか……本当によく雰囲気が作られている作品だなぁと思いました。
キャラとしてはヴァイスが好みでした。好みすぎたのか、なんか知らないけど一度夢に出てきたんですよ彼が……ツバメさんも一緒に出てきたんですけどね、このゲーム気に入りすぎですかね私……いいじゃないのヴァイスさん格好いいんだから! 某戦闘では超強くなってて興奮しまくりでした。そしてあのカットイン、なんか勢い余って画面キャプチャして画像保存しましたとも。笑
同作者さんの「U-Story」もプレイさせていただきましたが、こちらもまたシナリオと雰囲気が良かったですねー。といってもダンジョン探索が主なのでラストくらいしか物語はありませんでしたが。こっちではアビスさんが好みでした。なんか彼、やたら強い気がするんですが気のせいでしょうかね……
まだまだシリーズの制作をされるということなので、こっそりと期待させていただいております。
シナリオを重視する方にはおすすめです。

●Sky Frontier (RPG)
 PON様 http://skywalker.cocotte.jp/
ツクール作品です。ふりーむさんで発見してプレイしてみました。
なんとパーティメンバーが18人にもなる長編RPGです。というわけで期待しながらプレイさせていただいてました。戦闘システムはそこまで変わったものはありませんでしたが、ボス戦ではターンボーナスが発生するのでそこでは気合が入りましたね。
さっきも書いたとおりメンバーが非常に多く、全員揃うのに時間がかかりましたが、それでも毎回わくわくしながら新キャラを迎えることができました。それぞれ個性が強いんですよね。埋もれてしまうキャラが一人もおらず、作者さんの力量を垣間見た感じがしました。あと絵が綺麗なんですよ……私のがっかり顔グラと違って本当に美しい。一般人でも普通に美人に見えます(笑)。
若干女性向け、とのことでしたが、確かに作中で恋愛描写がありました。が……ノーマルな恋愛ものがあまり好きではない私ですら、あの展開は泣けました。だからこそ主人公のリセアさんには幸せになってほしいですね……まあ彼女ならきっと大丈夫でしょう。エンディングでのあの人とのシーンが印象に残ってます。
キャラに関して言えば、ええ、サレッドが好みでした。どツボでした。だって魔術師(男)で美人顔でドSってあんた、私の好みを見事に射抜いてくれちゃってるじゃないですか。可愛すぎる。続編期待してます。笑
それはそうと、珍しく序盤と終盤で大きく印象が変わったキャラがいました。そういうことって私の場合珍しいんですが、それこそがディースさんでした。今では大好きです。いや昔は好きじゃなかったとかそういうわけじゃなくて、なかなか事実を話してくれなくてもどかしかったんですよね。それにどことなく腹の底が見えてこない人だったので。過去の話で印象ががらりと変わりました。
乙女ゲー好きな方はぜひプレイしてみてください。

●冠を持つ神の手(ADV)
 小麦畑様 http://wheat.x0.to/
RPG好きな私がなぜか手を出したADV。某ゲーム実況者さんが実況してたのを見てプレイしてみました。
育成要素もあり、ある程度能力値を上げてなければイベント失敗することもあるという難易度の高い作品でした。そして地味に選択肢が難しい。攻略キャラを出すのも難しければ、普通に話をするのだけでも一苦労。なんで逃げてっちゃうんだよ! と追いかけては見失った一周目でした。無理に追いかけたら駄目ですねと学んだ二周目、またまた攻略に失敗して一人で淋しくエンディング。駄目だこりゃと感じたので攻略サイトのお世話になりました。
ゲーム内で相手に対する好感度を自分でいじらなければならなくて、それをミスれば全てが破綻するんですよね、このゲーム。たぶん攻略サイトなしだと諦めてました。というわけで追いかけたのはキャラ一覧を見て気になったティントア神官。超美人なんですよこれがまた。真っ先に手を出してちょっと後悔してます。
一キャラにつきエンディングに多くの種類があって、愛情エンド、友情エンド、憎悪エンド、裏切りエンド、殺害エンドなどがあるのですが、その一つ一つでも細かく分かれてるんですよね。とんでもない数のエンド数で驚きました。
というわけで攻略サイトにお世話になりながら頑張ったわけですが……彼のおかげでヤンデレに目覚めかけました。あの恐ろしさも可愛い。片割れの方も攻略しましたが、なんかそこで満足して他のキャラはまだ手をつけてないんですよね。やっぱり一番最初に一番気に入った奴を攻略すると駄目だと思いました。また時間ができればヴァイルさんあたりから手を出してみようかなと思ってます。ちなみに次に気に入ってるのはタナッセさんです。
このゲームの最大の魅力はテキストだと思うのですが、私が真っ先に攻略したティントアさんは神官なので宗教的な話がよく出てきました。神殿が語る宗教感とティントアが抱く神に対する考え方の違いやら、人の愛と神の愛の違いやら、なかなか読み応えのあるシナリオでした。中でも印象に残っているのは片割れとのイベントで出てきた「誰にも愛されていない」という話題と、「○○、愛してる。」という科白。あのイベントを経て彼は成長したんだなぁと感じられましたね。いいイベントでした。
私は知らなかったのですが、有名な作品らしいです。気になった方はぜひプレイしてみてください。

●Seraphisno (RPG)
 シャイん様 http://www.shinestar.name/
Web上でもプレイすることができるフリーゲームです。これを見つけたのは本当に偶然でした。
ファンタジーというよりSF風な作風で、戦闘ではぼーっとしてたら敵に殴られ放題になります。最初こそそれに戸惑って急いでコマンド入力してましたが、慣れればそこまで焦ることはなくなりましたね。とはいえザコはほとんどエンターキー連打してましたが。
個人的にSFにはあんまり興味がなくて、主人公の上司が気に入ったのでプレイしてたわけですが、途中でプレイ意欲を削がれるイベントがありまして、そこでリアルにもうプレイやめようかなと思いました。が、その直後、更に好みのキャラがぽんと出てきてくださってですね……ついつい続けてしまいましたね(笑)。そんなこんなで盛り上がってたらラストのあれだなんて、「ウチのエース抜けてこの先どうすりゃいいんだよ!」という状態でラスボスに挑み全滅したのはいい思い出です。いやぁ、でも、ラスボス戦時のアイコンの演出には痺れました。だって途中から目開けるんですよあの人! 瞬殺なんかしたらそれが拝めないじゃないの!!
でもこのゲームの作者さんにはものすごく好感が持てました。なぜなら、途中で抜ける某キャラを連れた状態で裏ダンジョンの裏ボスに挑むことができるんですよ。セーブデータを残していたので当然彼を連れたままで裏ボス倒しましたとも。しかし能力値のインフレ具合がすごいゲームでした。あと地味にデートイベントがあるんですよね……まあもちろん男主人公でも男を誘いましたが(笑)。
そしてエンディングを迎えたわけですが、どうやら過去作があるらしいことを知った私はそれらをプレイしてみました。まず「メルヴィーネス」を、続いて「Galaxy Wars」シリーズをプレイしました。「メルヴィーネス」では「Seraphisno」で文字としてしか読めなかった物語を追うことができて満足し、そして「Galaxy Wars」ではそれよりもっと昔の話を知ることができてまた満足しました。難易度とかその辺については置いておいて、とりあえず、このシリーズでは所謂「設定萌え」に陥りましたね。私はあんまり時代背景とかそういうのには興味がなく、それよりキャラクターがどうのこうのという方にばかり目を向けるのですが、このシリーズでは逆でした。いやキャラが魅力的じゃなかったわけではなく(現に好きなキャラいますし)、何がこんなに興味をそそるんだろうと考えた時に導き出したのが設定だったというわけです。
何がよかったのかというと、ディオゴ。「二章」で崩壊前の国をウロウロし、その後に崩壊後のディオゴを訪れると何とも言えない気持ちになりました。あんなに栄えていたのにあっけないもんだなぁと。そこで設定萌えしている自分に気付きました。
というわけで、シリーズ通して好きなキャラはアラフォースです。やっぱり魔術師(男)には弱いですね私は……
SF好きな方はぜひどうぞ。

●闇の覇者 ~竜の傭兵団~ (RPG)
 柳葉竜兎様 http://ryuto.run.buttobi.net/
ツクール作品です。ふりーむ様で発見してプレイしてみました。
まず主人公が悪役(っぽい)という点で驚きました。まあフリーゲームだしそういうのもアリか、と思って話を進めていきましたが、このゲーム、すごくストーリーの進め方が上手いと思いました。なんというか、飽きさせないストーリー展開だったんですよね。私がそうだっただけかもしれませんが、だいたい他のゲームなら途中で熱が冷めて、ってことがあるものですが、このゲームではそれがないままにエンディングまで突っ走ってしまいました。いやはや、素晴らしかったと思います。
主人公が主人公なだけに、最初は仲間の間でもまったく意見が噛み合わずぎくしゃくしてるんですよね。でも徐々に打ち解けていき、最終的には主人公も仲間を信じることができるようになる、という単純ながらも感動できる要素があって惹き込まれました。恋愛要素もほとんどなく、仲間の間の信頼関係や友情などが重視されていた感じがしますね。そういうのが好きな私にとっては素晴らしいゲームでした。特に印象に残っているのは、ヴァプラ不在時にイースレイが一人で行動する場面。それまででも彼は好きでしたが、そのシーンを経てもっと好きになりました。が、最後の最後に謎の女装要素が出てくるとは、さすがフリーゲームは展開が読めない(笑)。私前までの顔グラの方が好みだったんだよ……
なんてことを語ってますが、実は一番好きなキャラはシュトリさんです。キャラ的にも戦闘的にも大好きです。ていうか彼がいなかったらボス戦とか勝てなかったと思いますね……アベル便利すぎるよ、地味にティアマットも便利だよ。ちなみに、うちのヴァプラさんはほとんど通常攻撃とトランスとスキャンと吸血とマジックスティールとドライバーフィールドしかしてませんでした。あんなにいっぱい技覚えるのに、ボス戦ではドライバーフィールド連発とか……おかげでボス戦時のBGMを聞くとドライバーフィールドを連想するようになってしまいました。
そしてこの作品にはⅡもあって、現在それを絶賛プレイ中です。マルファス可愛い。Ⅰの時点から気になってたキャラだけに、メインキャラとして動かせるのは本当に嬉しいです。可愛いし強いし出番多いから嬉しい。デコ出しキャラを好きになるのって久々な気がしますね……いやはや、可愛い。その一言に尽きる。あと雅君ジャクラさんのこと好きすぎでしょう……あそこまで慕うって、何か理由でもあるんでしょうかねぇ。
ファンタジーRPG好きな方はぜひどうぞ。

とまあ、これくらいでしょうか。どれもお勧めの作品なので、時間がある方はぜひプレイしてみてください。
あ、でもウチのガル建国記も宜しくお願いしますね(笑)。
スポンサーサイト