かがみ

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

進行状況

2015.07.07 未分類
進行状況。七夕なので。

ScreenShot_2015_0707_15_12_21.pngScreenShot_2015_0707_15_13_30.png





細かい限定的もの以外はほぼシステムは完成しました。スクショにあるのは毒合成といういかにも禍々しそうな名称のものですが、要するに前作の称号システムです。今作では素材を集めて武器を作るという要素がなくなったので、代わりにこっちを素材集めの目的にしました。いかにも面倒臭そうですが、前作と違って全部で十五個付けられるので無敵状態も夢じゃない状態のような気もしますね。まあそう簡単に無敵にはできなくするつもりですが。
最近やってたのは武具の名前決め、特殊技能作成などでした。ネーミングセンスのない作者はもうほとんど外国語辞典に頼りっきりでした。名前考えるの面倒なんだよ……前作から流用したものもありますが、多くは新規に変わってます。世界観があれなのでね。
戦闘システムは前作より単純にするとか言いましたが、やっぱりいろいろ弄ってしまいました。が、その代わり味方に一人チート級な奴を用意したので、まあそこまで苦戦することはないでしょうという目測です。前作の難易度イージーが今作のノーマルみたいな感じを想定してます。しかしですね、やはり苦戦しない大ボスとかつまらないと思うんですよ私は……これから敵の強さを調整するつもりですが、大ボスは格の違いを見せて欲しいですね!
今後の予定。町とダンジョンの流れをリスト化、そこから店リストを作って武具の入手時期を決めるのと、武具のパラメータ上昇値、そこから敵のパラメータ調整、でテスト戦闘。合間にキャラチップと顔グラ等画像関係を頑張る。顔グラ……描かなきゃいかん人数が意外と多くて既に心が折れそうです。前作みたいな適当ながっかり顔グラにならないよう頑張るつもりです。前作は描いた時期が違う奴が一瞬で分かるクオリティでしたからね(笑)
最近仕事で疲れてることが多くてあまり進んでませんが、のろのろとは進んでいるのでご安心を。

以下返信。

●ranさん
 はじめまして。
 そのようなご報告は初めて頂きました。特に問題なくプレイできている方もいますので、おそらく環境の問題かと思われます。こちらではどうにかできる問題ではないと思いますので、残念ではありますが修正はできそうにありません。
 ご報告ありがとうございました。

●tttさん
 こんにちは。
 シュー神&スーリシン撃破おめでとうございます! スーリシンが先とは思いもしませんでした。笑
 ベルセルクは実はほとんどの敵に効きます。効かないのは制作者のスーリ&シン、とらどりのラスボスであるシオン、そして仮にもカティルミスの住民である死神さんの四人だけです。完全に二周目以降用の戦闘カット的なアイテムです。らいが使えば確実に先手で使えますしね。
 お喋り現代人と水先案内人はやはり難しかったですか。お喋り現代人は限定的なモブはカウントしないようにしてますし(フェル編とかガルダーニアの住民とか)、前回の更新で一応救済措置を施したつもりだったんですけどね。水先案内人は作者も苦戦したものですが、行かなくてもいい何もない場所(グキアレオ牢のマップやレヴァイム別荘とか)や、迷いの森的な要素の外れルート(夢幻歪曲回廊、オファイム・ルーン等)が忘れられがちなマップかなぁという印象です。特にオファイム・ルーンは隠し部屋があるところもありますので……正確に言えば十二柱の神殿マップから飛べる場所が幾つかありまして、作者はよくその辺を忘れてましたね。
 そして感想もありがとうございます! テキストに関してそう言っていただけると物書きとして非常に嬉しく思います。もともと物語なんかあってないようなゲームでしたが、結局一番気合を入れたのはテキストだったようなものでしたし、楽しんでいただけたようでよかったです。
 武具の強化アイテム集め、確かに面倒でしたね。面倒だったので私はほとんど無視して強化せずに突き進んでました。それでもそれなりに進めたし、やはり強化して進んだらそれほど苦戦しなかったのですね。ノーマルで楽に倒せたならちょうどいい難易度だったのかもしれません、難しいという声はよく聞きましたけどね……(笑)。
 後半のインフレ具合は、なんかやりたくなって突然付け足した要素です。パラメータ最大まで上げてそれでようやく互角に戦えるようなボスを作ってみたかった、というのが目的でした。やっぱりこれくらい強いボスがいないと面白くないと思うんですよ。私は。
 版権ゲームネタはフリーゲームならではの遊び心というものです。といっても、実は知っているだけで実際にプレイしたことないゲームのネタもあります。仰られたもの以外では、「テイルズオブジアビス」の有名な台詞とか、分かりづらいですが「好きなものは好きだからしょうがない」をイメージした台詞があったりしました。
 こんな適当なゲームをここまで楽しんでいただき、作者冥利に尽きます。こちらこそ遊んでいただきありがとうございました。
 では、ご報告&ご感想ありがとうございました!
スポンサーサイト